ダイワハウスブログ:どうやってハウスメーカーを決めたのか? ダイワハウスの一戸建て注文住宅の仕様と住み心地は?:2010年から大和ハウス木造xevoで暮らしています。ダイワハウスの評判は本当? 首都圏サラリーマンが『素敵に暮らす』をテーマに地道に取り組みます。。 (^^)

大和ハウスとの決戦を終えて

大和ハウスの決戦が終わりました。

2ヶ月に渡る住宅メーカー選びもついに決着。。。



大和ハウス、事業部長さんと営業さんと軽く雑談しました。



今回、大和ハウスさんを初めて訪問してから、1ヶ月半で契約したことになります。

随分と慌ただしい感じで、かなり忙しかったのですが、

普通こんなに早いものなのか?聞いてみました。



すると、一般的には「決まる時には2ヶ月程度」だそうです。

それ以上になると、何らかの問題が大きくなったりで、

決まらないことや長期化することが多いそうです。


プラン作成等には、依頼者側もかなりパワーを使いますが、

ハウスメーカー側の設計や営業もかなりパワーを使うため、

お互いが集中してプランに取り組める期間として、2ヶ月程度は

1つの目安になるそうです。




その後の打ち合わせ等の感触では、

実は事業部長さんには、もう少し値引きの裁量があったような気がします。

ただ、あまりギリギリとやって、先方の利益を削らせて、

良い仕事をしてもらえないのでは困ります。


ある程度の余裕(利益)を残した状態で、

契約することも大事かな?と思いました。



さて、あとは大和ハウスさんにしっかりと仕事をしてもらうまでです。


 (^^)

  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

契約前詳細仕様の確認

翌日は、本来「決戦の日」になるはずだった日。

大和ハウス東京支社に契約前の詳細仕様の確認です。



前回の我が夫婦の仕様変更を受けて、

新しい図面が描かれていました。

これまでの「プラン」的な図面ではなく、「構造確認」という図面になるそうです。

壁の厚さもわかる詳細で大きなA2サイズ図面になっていました。



これとともに、基礎の素材や高さや断熱材の厚さ等、XEVOの仕様に基づいて

詳細な仕様が一覧表で書かれています。

当日は、この詳細仕様一覧に基づき1つづつ、仕様の確認をしていきました。

かなり時間のかかる作業です。5時間程度はかかったでしょうか。。



色は後で良いので、

間取りや窓の位置や大きさが決まっていれば良いとのことです。

これがOKになると、構造計算に入るとのこと。

構造計算が約1ヶ月。

構造計算が終わってから建築確認申請という手順になるそうです。



1つだけ窓の位置と大きさを変えてもらいましたが、

大きな仕様変更はありませんでした。

我が夫婦の場合、詳細仕様を事前に確認してあるため、

この段階での仕様アップはありませんでした。


営業さん曰く、通常はこの段階で、金額アップ・ダウンについて

かなりもめるようです。

やはり早めに詳細仕様アップを伝えておいて良かった、と感じました。



1つ、各階の階段下の廊下の窓だけを宿題として持ち帰りました。


翌日はいよいよ契約書押印です。



 (^^)

  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

大和ハウスとの契約締結

翌日は大和ハウスとの、「請負契約」の締結です。



私の場合、事前に契約約款をもらって読んでありました。

工事が遅延した場合の家賃保証が問題になるということが

本にも書いてありましたが、

我が家の場合、竣工後にオープンハウスにすることを値引き手段に使っていますので、

1~2週間程度の多少のずれは、特に問題ないと考えて、

改めて覚え書きを作れ、とは言いませんでした。



一級建築士さんから、設計と設計品質監査に関する「重要事項説明」というものがありました。

国の指導で実施しなければならなくなった「儀式」だそうで、

設計とは「設計書を作ります」

「品質監査を実施します」ということがうたわれた書面の説明を受けます。

小さな工務店の場合、きちんと設計書を納品しない場合があるそうで、

その防止策のためだそうで、大手ハウスメーカーには意味の無いものだそうです。

契約書の押印は、署名・押印箇所が多くて、1時間以上かかりました。



契約代金は、自己資金0円(笑)を勘案してもらって、

50万円ぽっきり!

通常は100万円だそうです。。。 (^_^;



我が家の場合、まだ隣地フリーローンの借り換え問題が決着していません。

この借り換えが出来なかった場合は、

この日支払った、1.5万円の印紙代を除いて、全て白紙に戻ります。

このローンの借り換えは、引き続き大和ハウス営業にお願いしました。


大和ハウスとの提携銀行の住宅ローンにより、

0.1%程度の金利優遇になるそうです。




さらに、この日は昨日の、「構造設計書」にOKの捺印をしてきました。

1点だけ宿題の窓を変更してもらって、

これで我が家の間取り等は確定です。

翌日から早速構造計算に入るそう。。



これで、引っ越し・仮住まいまで、あと2ヶ月程度になりました。

まだまだ慌ただしい週末は続きそうです。。



次回は2週間後に、インテリアコーディネーターを入れての、

「色合わせ」の打ち合わせになります。

いよいよ内装等細かな仕様になっていきます。



楽しい打ち合わせになるといいな、と思います。


 (^^)

  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

木造xevo新商品発表:xevo GranWood Plus Selection

2012年12月、木造xevo新コンセプト商品が発表されました。

Xevo GranWood Plus Selection (ジーヴォ グランウッド):

大和ハウス xevo GranWood


昨日営業さんからご覧のパンフレットを頂きました。

昨日12月1日に発表された木造xevoの新商品です。


折角ですのでパンフレットの中身からいくつか特徴を。

xevoの外張り断熱・耐震性は基本構造はそのままに

さらにいろいろと進化しているようです。



室内の標準仕様がいろいろとグレードアップ。

特にリビング周りは、『フルスライドウインドウ』や

高い標準天井高・『ランマド』・『梁あらわし折り上げ天井』などを活用すると

かなり開放的なリビングができるかも?



その他、小さなお子さんの子育てへの配慮や、

世代を超える『住み継ぎ』など、

xevoの耐久性能を生かした提案が盛り沢山のパンフレットになっています。




昨日のインタビューの中で、『もう1度建てたいか?』という質問がありました。

今の家には満足していますが、もしも出来るなら『もう1度チャレンジしたい』

というのが正直な想いです。

もしそんな夢のような事が出来るのであれば、

是非この『xevo GranWood』で作ってみたいなー、と感じました。


12月2日時点ではまだ大和ハウスのHPは更新されていないのですが、

興味のある方は是非お近くの住宅展示場で問い合わせてみて下さ~い (^^)


いつもポチリとありがとう!(*・∀・*)
   素晴らしい住宅ブログがたくさん!
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ 
   にほんブログ村 一戸建注文住宅(施主)




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村

消費税増税と住宅建築のタイミングを考える(1)

2012年8月10日消費税増税を柱とする「社会保障・税一体改革関連法」が

参議院で可決・成立しました。


今回の衆議院議員選挙の争点でもあり、

選挙後の政権枠組みや経済情勢によって流動的なところはありますが、

法案は既に成立済ですのであまり悠長に考えていてはいけません。


このブログにたまたま来て頂いた方の中には、

『これから注文住宅を建てようかな?』という方もいらっしゃると思うので、

消費税増税とこれからの住宅建築タイミングについてちょっと考えてみたいと思います。


●消費税増税の内容

 まずは消費税増税の内容をおさらいしてみましょう。

 ・2014年(平成26年)4月から 消費税率5%→8%

 ・2015年(平成27年)10月から 消費税率8%→10%


●土地は非課税

 注文住宅の場合は、『土地購入代金は非課税』なのをお忘れなく。

 工事請負契約で締結する『建築費・諸費用』関連が課税対象ですね。

 但し、造成費用・地盤調査費用・地盤改良費用は課税対象です。

 また不動産会社への仲介手数料も課税対象です。

 (建売一戸建ての場合も土地代金分は非課税です。

  マンションの場合や中古購入の場合などは各自お調べ下さいです。)


●いつから適用?

 注文住宅については、経過措置 があります。

 わかりやすく、2014年4月のタイミングを考えてみると、 

 ・2014年3月31日までに引渡・決済完了していれば、5%。

 ・但し、2013年9月30日までに「請負契約」締結していれば、

  引渡しが2014年4月以降になっても5%



●いくらぐらい違うのか?

 具体的な金額で考えてみるとイメージしやすいですよね。

 「請負契約」した建物価格が仮に2000万円とすると、

   ・増税前の消費税:2000万円×5%=100万円

   ・増税後の消費税:2000万円×8%=160万円

 その差額は60万円。ちょっとしたオプション代金分くらいですね。


来年の夏が『天王山』になりそうな感じですよね。。

でもプラモハウスが個人的に考える「お勧めタイミング」はちょっと違います。

(長くなりそうなので1回切りますです。) m(__)m

いつもポチリとありがとう!(*・∀・*)
   素晴らしい住宅ブログがたくさん!
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ 
   にほんブログ村 一戸建注文住宅(施主)




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村

消費税増税と住宅建築のタイミングを考える(2)

●住宅ローン減税拡充の検討

 2012年10月23日 国土交通省は「消費増税に伴う住宅購入の支援案」を

 政府税制調査会に提出しました。


 衆議院選挙になってしまったため、この案がどうなるのか?は

 現時点では分かりません。年明けの税制審議を注目しましょう。


 ・現在の住宅ローン減税

  現在も住宅ローン減税が実施されています。

  来年は2013年末までは最大200万円までの控除額になっています。

  但し2013年末で(軽減措置の)期限切れの予定です。

 ・国土交通省のプラン 

   (詳細はこちらの記事などを参照して下さい。)

  先に提出されたプランでは、

  2014年以降最大500万円の住宅控除になる案になっています。

  (最大5000万円ローン残高の1%(50万円)×10年間の所得税額控除だと思う。。)



●直近の住宅ローン金利

 最近の日本国債債券価格上昇(国債金利低下)に伴い

 2012年12月1日より各金融機関は住宅ローン金利を一段と引き下げました。

  (詳細はこちらの記事などを参照して下さい。)

 さらに2012年12月3日、住宅支援機構の「フラット35S」の金利も引き下げられました。

  (詳細はこちらの記事などを参照して下さい。)

 現在は固定金利でも住宅ローン金利はほぼ最低水準にあると思います。


 今後の住宅ローン金利がどうなるのか?は国債の動向にかかっていますが、

  ・選挙後の政権の各種経済施策の内容とその評価・反応

  ・米国の失業率とその対策としてのFRB(米国30年国債)の動き

  ・欧州・アジア・中東それぞれにある世界情勢の動向

 などによりいろいろな影響を受けると思います。


 住宅ローン金利の高低によって、住宅を「購入する」「購入しない」は

 決まらないと思いますが、当面は社会・経済・国際ニュースには目が離せない情勢が続きます。



いずれにせよ、選挙後の住宅ローン軽減措置の議論や

景気対策施策の議論については注意深く見守る必要がありそうですね。。

(すみません、もうちょっと続きます。。 m(__)m )

いつもポチリとありがとう!(*・∀・*)
   素晴らしい住宅ブログがたくさん!
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ 
   にほんブログ村 一戸建注文住宅(施主)




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村

消費税増税と住宅建築のタイミングを考える(3)

注文住宅購入の動機はいろいろな種類があると思われますが、

2012年5月に発表された、愛知県の東新住建株式会社の住宅市場研究室の

アンケート結果分析によると、

『子供の成長や誕生』『良い環境』『安心安全な暮らし』が3大要素のようです。



ライフメディア社リサーチバンクアンケート調査では、

「安心・満足感」「(賃貸)家賃が無駄」という動機が多いようです。



このブログをご覧になっている方の中にも、

『子供も大きくなってきたし来年そろそろ検討するか。。』

と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。


ハウスメーカーの注文住宅の場合は検討から引渡しまでだいたい7カ月程度の模様。

消費税を考えると来年夏ごろが契約のピークになりそう。。

(もちろん土地探しで時間がかかることや、

 建築期間の短い工法もありますよね。

 平均的な期間で考えてみることにしています。)



さて、ここでプラモハウスが無い知恵絞って作った(汗)個人的な

『消費税増税を考慮した住宅建築のタイムスケジュール私案』発表!

 (クリックで拡大されます。)

消費税増税と住宅建築期間のシミュレーション例


上段がプラモハウスが勝手に想定した標準パターン。

来年の4月からGW頃に住宅展示場などに出かけて、

家造りが始まって、9月末までに請負契約締結するパターン。


注意したいポイントは、この場合は2013年末から2014年初が工事期間になること。

この期間は、どこのハウスメーカー・建築会社も

多分消費税増税前の「駆け込み需要」で建築ラッシュ!

想像ですが、そのラッシュのしわ寄せを受けるのは多分現場の職人さん達ではないかと。。



普段はしっかりとした職人さん達も、日程・時間が区切られて、

来る日も来る日も残業続きで休みなしの毎日。。

ちょっと仕事が雑になるのも仕方ないかな?と想像します。。

(<いや、あくまでプラモハウスの勝手な想像ですが。。汗)



そこで、プラモハウス私案では、3カ月前倒し案を作ってみました。

2013年末には引渡しor多少伸びても良いやくらいの余裕をもったスケジュール。

これなら職人さん達がひっ迫する前に工事完了で安心。


そうすると、何と!

年明けにはそろそろ「新居のイメージ作り」などを始めないといけない!

(図中オレンジ色の楕円の部分ですね。)

『そろそろ。。』というのがもし『来年度末くらい』と漠然と考えていたならば、

ちょっと急いだ方が良いのかもしれません。。

(もちろん、後ろ倒しにするスケジュール案もあるかと思います。)



慌てていきなり住宅展示場・モデルハウスに行く前に、

このクリスマス・正月などは家族みんなで、

「将来の新居はどんな家・暮らしにしたいか?」

「子供の成長と教育を考えたライフマネープランは?」などを

じっくりと話し合う時間が出来ると良いですね。 (^^)



(ちょっと突然固い話の連投でどうもすみませんでした。。 m(__)m )

いつもポチリとありがとう!(*・∀・*)
   素晴らしい住宅ブログがたくさん!
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ 
   にほんブログ村 一戸建注文住宅(施主)




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村

2014年住宅ローン減税の概要

政府・自民党は2013年末に期限切れとなる住宅ローン減税について

2014年4月の消費税増税をふまえて2013年度税制改正概要案をまとめ、

明日以降(1月21日)民主党とも合意する見通しになりました。


 過去記事:消費税増税と住宅建築のタイミングを考える(1)

 過去記事:消費税増税と住宅建築のタイミングを考える(2)

 過去記事:消費税増税と住宅建築のタイミングを考える(3)



住宅ローン減税の概要(案)

(クリックで拡大されます。)

住宅ローン減税の概要


報道の内容をグラフにしてみました。

2014年4月から2017年末入居分について

住宅ローン減税を最大400万円とするものになりました。

2014年1月~3月末入居分については、

現行の延長の最大200万円となります。



この住宅ローン減税は、「年末のローン残高の1%を最大10年間控除」

になるものと思われます。

なので、年末のローン残高が4000万円の場合、

1%の40万円が最大10年間所得税控除されます。

年末のローン残高に応じて1%が控除ですので、

ローン返済とともにだんだんと控除額は減っていきます。



私も過去3回住宅ローン控除を受けましたが、

『所得控除』ではなく『所得税額控除』がミソです。

給与所得者の場合は、控除額がまるまる年末調整で戻って来て

ちょっとびっくりする額が還付されます。

年末に嬉しいびっくりですね。 (^^)




住宅ローンの金額にもよりますが、

これで2013年度末入居に間に合うように慌てて契約しなくても、

じっくりと住宅の検討が出来る場合があるかと思います。

あくまでも自分達のペースで検討を進めたいですよね。 (^^)


  いつもポチリとありがとう!(*・∀・*)
   素晴らしい住宅ブログがたくさん!
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ 
   にほんブログ村 一戸建注文住宅(施主)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村


住宅ローン減税:2013年税制改正大綱版

与党による2013年税制改正大綱がまとまりました。

前回の記事から若干内容が加わりましたので、

改めて記事にしてみます。



2013年税制改正大綱の住宅ローン減税の概要:

住宅ローン減税(税制改正大綱版)


消費税が5%から8%になる2014年4月以降

2017年末入居分4年間について

住宅ローン控除を最大400万とするところは変わらずです。

年末の住宅ローン残高の1%を10年間所得税額控除です。

なので、年間では最大40万円の控除額になります。


耐久性・耐震性・省エネ性能が高い「長期優良住宅」の場合

さらに10万円上乗せがあり、最大500万円控除です。

(我が家も「長期優良住宅」の認定を受けています。

 「長期優良住宅」になるかどうかは、大和ハウスさんに聞いてみましょう。)



さらに今回追加されたのがこの控除の方法です。

住宅ローン控除額が納付所得税額より多い場合には、

住民税から不足分が控除されます。

住民税の控除額の上限は年間13万6500円になります。



さらに所得税・住民税控除分よりも住宅ローン控除が多い場合は、

現金給付が検討されています。

但し現金給付には年収制限が設定される予定で、

適用される年収制限については継続して検討される予定です。


折角の住宅ローン減税ですのでうまく活用したいですよね。

消費税増税に慌てることなく、自分のペースで検討を進めたいですね。 (^^)


  いつもポチリとありがとう!(*・∀・*)
   素晴らしい住宅ブログがたくさん!
  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ 
   にほんブログ村 一戸建注文住宅(施主)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村
ゆっくりしていってね。。
プロフィール

プラモハウス

  丘の上の黒い家

Author:プラモハウス

プラモデル趣味の素敵な旦那さま?(笑) ダイワハウスのxevoで暮らしています。

ハウスメーカー選びのリアルレポ~Web内覧会(入居前)~Web内覧会(入居後)~住んでみて~などのご紹介です。

素敵な住宅ブログがたくさん! ポチリされるとよろこびます。(^^)↓
   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
   一戸建注文住宅(施主)
   にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 大和ハウスへ 
   一戸建大和ハウス

レンタルCGI
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2021/08│≫ 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
気になるあれこれ
来てくれてありがと
プラモ部屋写真あれこれ
test
メルしてみる

おなまえ:
めるあど:
たいとる:
めっせーじ:

ブログ内検索
リンク
注文住宅のお仲間(先輩)です!